インスリン療法

インスリン療法は身体に直接インスリンを注射する方法です。すい臓からインスリンが出ないため、その補助として直接インスリンを体内に注射します。

以前は食事療法や薬が効かなくなった段階、つまり最後の最後の手段として使われていました。ただ、今はそうとも言えません。早い段階から積極的に使っていくことで、すい臓の機能が回復するという研究結果もあります。

なぜかというと、食べ過ぎなどが続くとすい臓のβ細胞からインスリンが多量に出ます。その状態が続くとすい臓が働き過ぎの状態になり、披露します。そして、徐々にインスリンを分泌できなくなります。ここで、インスリンを注射してすい臓の負担を減らすことで、疲労回復させます。そうすれば再度インスリンの分泌ができるようになるということです。β細胞が破壊されるのも防ぐことができます。

日本糖尿病学会の公式サイト(http://www.jds.or.jp/)では学会認定の糖尿病専門医を調べることができます。一度、こちらで調べてみるといいかもしれません。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 治療 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%b3%e7%99%82%e6%b3%95.html/trackback

糖尿病の上へ