ウォーキング

糖尿病 治療 ウォーキング運動はウォーキングがおすすめです。おすすめの理由は、身体の負担が少ないこと、時間を選ばずにできること、継続しやすいこと、長時間の有酸素運動ができることなどです。

ウォーキングは1日20分以上行いましょう。細切れでも良いです。例えば、5分×4回以上でも問題ありません。できればすたすたと速歩で歩きましょう。効果は高いです。可能であれば、激しい運動もおすすめです。激しい運動の方が血糖値を下げる効果が長時間持続します。もちろん無理は禁物です。

運動はおすすめですが、運動することを注意しなければいけない患者もいます。それは、血糖値が高い人(空腹時血糖値が200以上、ヘモグロビンA1c値が9以上)、心臓や腎臓が悪い人、糖尿病網膜症が進んでいる人。かならず主治医に相談してから運動するようにしてください。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 治療 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0.html/trackback

糖尿病の上へ