ステージ2(糖尿病だが合併症未発症)

ステージ2と判断されるのは、
・空腹時血糖値が126以上
または
・ブドウ糖負荷試験で120分値が200以上

この段階から糖尿病となります。糖尿病と診断されたら、すぐに尿アルブミン値と血清クレアチニン値を検査してください。この値によって合併症があるかどうかの確認ができます。この段階で尿アルブミン値が18以下なら合併症は未発症と診断されます。

この段階で、糖尿病の自覚症状はないと思います。しかし、糖尿病で恐ろしいのは合併症、特に腎症です。今よりも糖尿病を悪化させない!合併症は出さない!と決意して、治療に励むようにしてください。

治療のポイントは血糖コントロールです。血糖値よりもヘモグロビンA1cの値を中心に治療がなされます。ヘモグロビンA1cが6.5未満なら、合併症はまず起きません。ヘモグロビンA1cが7以上になると糖尿病薬が処方されます。ヘモグロビンA1cが8以上となると合併症を起こす可能性が格段に高くなります。糖尿病薬やインスリンを使って治療します。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 症状 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92%ef%bc%88%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%81%a0%e3%81%8c%e5%90%88%e4%bd%b5%e7%97%87%e6%9c%aa%e7%99%ba%e7%97%87%ef%bc%89.html/trackback

糖尿病の上へ