妊娠糖尿病

妊娠するとすい臓に負担がかかり糖尿病になることがあります。家系に糖尿病患者がいる場合は、特に確率が高くなります。出産後は治ることが多いです。一方で糖尿病患者が妊娠した場合、糖尿病合併妊娠と言い、別のものとして区別されています。いずれにせよ、生まれてくる子どもに影響することがあるので、正しく治療していくことが大切です。

妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠が妊婦に与える影響としては、目の合併症(糖尿病網膜症)や腎臓の合併症(糖尿病腎症)が悪化したり、流産・早産のリスクが高まったり、巨大児になり出産が難しくなったり、妊娠中毒症になりやすかったり、というものがあります。

また、赤ちゃんに与える影響としては、生まれるときに4キロを超える巨大児になったり、奇形になったり、生まれてすぐに低血糖や呼吸困難になったり、発育不全になったり、成長してから肥満になるリスクが高まったり、というものがあります。

妊娠を考えるようになったら、妊娠前に糖尿病の検査をしてください。事前に血糖コントロールをすれば、妊娠や出産も安心です。奇形などのリスクもありません。だからこそ、先に糖尿病検査をするようにしてください。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 糖尿病とは | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85.html/trackback

糖尿病の上へ