腎症

腎症は命にかかわる合併症のため、特に重要視されます。

腎臓には大きく2つの機能があって、1つは身体の水分調節です。腎臓の機能が弱くなってくると、徐々に身体に水分が溜まり、むくみを感じるようになります。むくみを放置しておくと1年ほどで足がパンパンになり、歩くことができなくなります。

もう1つの機能は老廃物の排出です。必要なものはこしとって、老廃物を出すという作業が行われています。症状が進行すると、老廃物が排出できなくなり、尿毒症になります。有害物質が許容範囲を超えると、身体の全細胞が動かなくなります。

腎症の症状には段階があります。第1期:正常、第2期:早期腎症(尿アルブミンが19~300で治る可能性が高い)、第3期:顕性腎症(蛋白尿(=尿アルブミンが301以上)で治療で第2期に戻る可能性は5割)、第4期:腎不全期(血清クレアチニンが1.10以上で、完治しない)、第5期:投石器(血清クレアチニン8.00以上で、血液透析が必須)となります。

腎臓が悪くなると、最終的には血液透析が必要になります。血液透析とは、機械を使って水分調節と老廃物の除去をする治療のことです。週に2~3回、1回あたり3~5時間の治療が必要になり、とても負担が大きいです。これをしない場合、命に直結します。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 合併症 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e8%85%8e%e7%97%87.html/trackback

糖尿病の上へ