診断基準

糖尿病の診断基準は世界統一基準があります。
確実に糖尿病と言えるのは、空腹時血糖値が126mg/dl以上、または、食後血糖値が200mg/dl以上。また境界型か糖尿病のどちらかという基準が、空腹時血糖値が110mg/dl以上126mg/dl未満。

境界型か糖尿病かを診断するにはブドウ糖負荷試験を行います。ブドウ糖入りのサイダーを飲んで、採血することで診断できます。ブドウ糖入りのサイダーを飲んだ直後の血糖値が110mg/dl未満、かつ、120分後の血糖値が140mg/dl未満なら正常。直後の血糖値が126mg/dl以上、または、120分後の血糖値が200mg/dl以上なら糖尿病。その間が境界型と診断されます。

空腹時血糖値が150mg/dl以上の人は、受けた場合昏睡状態になることもあるので、この試験を受けるのは厳禁です。

ここで診断された数値はごまかせません。例えば、昨日はお酒を飲み過ぎたとか、最近は不摂生だったとか。こういう理由に左右されないのがこの診断です。

また2010年に糖尿病の診断基準が改定されて、ヘモグロビンA1cの値も診断に用いられるようになりました。糖尿病と診断されるのは血糖値の基準かつ、NGSP値(2012年4月からの国際基準値)で6.5以上またはJDS値(2012年3月までの日本の基準値)です。境界型はJDS値で5.2~6.1未満、正常型はJDS値で5.2未満です。




これ以上、通院や投薬を続けますか?

私は、自宅で食事法を変えるだけで血糖値が下げられる方法があると聞いて、その具体的なやり方を調べてみました。

感想をこちらにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

■糖尿病改善プログラムの感想■

カテゴリー: 糖尿病とは | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://xn--vek851kc9pyog.com/%e8%a8%ba%e6%96%ad%e5%9f%ba%e6%ba%96.html/trackback

糖尿病の上へ